苏州纳芯微科技

年度の初めに開催し、全会員会社の代表者が参加して
事業計画や予算、役員の選任など会の重要事項について決議します。

通常年3回、会長の召集によって開催されます。
会員会社から選ばれた幹事が、会運営上の基本方針や重要事項などを審議します。

年に2回、会員会社の代表者が参加し、時宜に即したテーマの下、現地現物での確認や、トヨタの役員を含めて懇談をすることにより、共通課題の認識を深めるとともに双方向のコミュニケーションを図ります。

経営講演会では国内外の著名講師やトヨタのトップ役員を招き、経営課題に関する見識を深めます。
テーマ講演会では、より幅広い見地から会員の関心が高いテーマや講師をタイムリーに選定しています。
併せて、年に3回程度開催しています。

トヨタ自動車役員と会員会社代表者が参加して親睦を深め、
相互にコミュニケーションを図る場としています。

会員各社に共通する課題をテーマに参加会員会社を募集し、テーマごとに相互に研究・研鑽することで、その活動結果を会員各社やトヨタ自動車への提言へつなげます。
テーマについては、トヨタグローバル調達方針や協豊会方針に基づいて「安全」「品質」「人材」などの幅広い分野から選定しています。

トヨタ自動車と会員による双方向コミュニケーションの強化・相互研鑚を通じて課題認識を共有し、その実現に向けた諸活動を行います。
また、活動は「定例部会活動」「グループ活動」「その他の活動」に分かれて行っています。

定期的にトヨタ自動車の役員ならびに協豊会幹事の方にインタビューを行い、
協豊会活動についての考えをはじめ、趣味や日頃の思いなどを協豊会ホームページで公開しています。